配偶者はなにかと優遇される機会が多い

現在の視点だけではなく、先のことを踏まえて協議ができると良いです。

相続できる人とその権利は法定されています。
その中で配偶者は常に相続人とされています。

“配偶者はなにかと優遇される機会が多い”の詳細は »

準確定申告とはなんでしょうか

相続がおこると相続税申告期限の10ヶ月という数字にばかり目が行きがちですが、 準確定申告をしなくてはならない場合もあるので、できるだけ早めに相続手続きを進めましょう。

働いてお金を稼ぐと、そのお金には所得税がかかります。
そのため、自営業の方などは、その年の所得を翌年2月からの決められた期間に確定申告する必要がありますね。

“準確定申告とはなんでしょうか”の詳細は »

遺産の分割協議をしよう

遺産分割協議書を作る意味ってなんでしょうか。作っておくと、その後の相続手続がスムーズにすすみますし、安心ですよ。

遺産分割協議書を作るメリットとは何でしょうか。
ここでは、大きく分けて二つ、お伝えします。

“遺産の分割協議をしよう”の詳細は »

相続の対象となる財産とは?(不動産以外編)

相続財産としてよく知られているものに現金・不動産がありますが、他にはどのようなものがあるのでしょう。

相続財産には現金や不動産、動産などがあります。
その中の現金と不動産(土地・建物)については以前ふれました。
今回はそれら以外のうち、よくご質問いただくものにスポットを当てたいと思います。


“相続の対象となる財産とは?(不動産以外編)”の詳細は »

難しくないのが相続税の計算だ

相続手続きで遺産総額から非課税財産と債務および葬式費用を引いたものを正味の遺産額とします。

正味の遺産額をもとに相続税を計算してみましょう。
遺産総額から非課税財産と債務および葬式費用を引いたものを正味の遺産額とします。
相続税の計算順序を見ていきましょう。
その1:正味の遺産額から基礎控除額を引いて課税資産総額を計算する。
“難しくないのが相続税の計算だ”の詳細は »

遺産によって相続税の率が上がる

配偶者が相続した遺産額が1億6000万円までか、1億6000万円を超えていても配偶者の法定相続分までならば相続税はかかりません。

遺産の総額 - 非課税財産 - 債務および葬式費用
+ 相続開始前3年以内の贈与財産 = 相続税の課税価格(千円未満切捨)
★相続税の総額の計算及び各人ごとの相続税の計算
“遺産によって相続税の率が上がる”の詳細は »

夫婦で築いた財産の相続

相続の場合、夫婦で築いた財産が夫や妻どちらかの名義になっている場合、法律上は名義の人の財産とみなされます。

相続の場合、夫婦で築いた財産が夫や妻どちらかの名義になっている場合、法律上は名義の人の財産とみなされます。預貯金だけでは法定相続分には足りず、残った自宅だけが財産であるといったようなケースも出てきます。
“夫婦で築いた財産の相続”の詳細は »

法律から相続と遺言の内容を探る

相続トラブルが起こりそうなとき、一定期間(5年以内)分割を禁止する

遺言に記すべき内容について述べておきます。

・・・・相続分の指定とその委託
法で定められた相手、配分以外の指定をしたいとき

・・・・財産の処分
特定の団体に寄付したり遺贈したりするとき

・・・・相続人の廃除とその取り消し
特定の人物を相続人から排除したい場合
(※遺言者に対して著しい非行があった場合・・・虐待など)

・・・・遺産分割の禁止
トラブルが起こりそうなとき、一定期間(5年以内)分割を禁止する

・・・・認知
戸籍上血縁関係にない子を遺言で認知
(※主に遺産分配の権利を与えたいなど)

・・・・遺留分減殺方法の指定
法で定められた配分ではない配分を指定するなどの際、
減殺方法を指定

・・・・相続分の指定、指定の委託
トラブル回避のため、土地は妻へ、家は長男へ、といったように予め配分を決める

・・・・未成年者の後見人、後見監督人の指定
相続人が未成年であった時の後見人を指定

・・・・遺言執行者の指定とその委託
遺言の内容を執行する人を指定

・・・・・祭祀承継者の指定
墓や仏壇等の祭祀を引き継ぐ人の指定

■いったんは「共有」で登記しておく方法もあります。
何らかの事情で遺産分割の協議がはじめられなかったり、
協議が難航して、なかなか不動産の所有権が決められないなどという場合。
故人の名義のままに放置していると、思わぬトラブルに発展することがあります。
そこで回避策としてとりあえず相続人全員を権利者として、
共有で登記することもできます。

負担付き相続という手段を知りました

贈与を受けた財産の価額から、負担すべき債務の金額を差引いた額の贈与があったものとして、その金額を基に贈与税額を算出します。

負担付贈与とは、文字通り、負担の付いた贈与のことです。具体的には、「残りの住宅ローンも支払ってくれ」といったものから、「財産を譲る代わりに、もし私が死んだらペットの面倒を見てほしい」・・・など。
“負担付き相続という手段を知りました”の詳細は »

使用している借地の相続の進め方

相続では貸主の死亡により使用貸借は終了することとなっていますよ

民法599条
使用貸借は、借主の死亡によって、
その効力を失う。
“使用している借地の相続の進め方”の詳細は »

« 過去の記事