カテゴリー: 相続について考える

準確定申告とはなんでしょうか

相続がおこると相続税申告期限の10ヶ月という数字にばかり目が行きがちですが、 準確定申告をしなくてはならない場合もあるので、できるだけ早めに相続手続きを進めましょう。

働いてお金を稼ぐと、そのお金には所得税がかかります。
そのため、自営業の方などは、その年の所得を翌年2月からの決められた期間に確定申告する必要がありますね。

“準確定申告とはなんでしょうか”の詳細は »

遺産の分割協議をしよう

遺産分割協議書を作る意味ってなんでしょうか。作っておくと、その後の相続手続がスムーズにすすみますし、安心ですよ。

遺産分割協議書を作るメリットとは何でしょうか。
ここでは、大きく分けて二つ、お伝えします。

“遺産の分割協議をしよう”の詳細は »

難しくないのが相続税の計算だ

相続手続きで遺産総額から非課税財産と債務および葬式費用を引いたものを正味の遺産額とします。

正味の遺産額をもとに相続税を計算してみましょう。
遺産総額から非課税財産と債務および葬式費用を引いたものを正味の遺産額とします。
相続税の計算順序を見ていきましょう。
その1:正味の遺産額から基礎控除額を引いて課税資産総額を計算する。
“難しくないのが相続税の計算だ”の詳細は »

遺産によって相続税の率が上がる

配偶者が相続した遺産額が1億6000万円までか、1億6000万円を超えていても配偶者の法定相続分までならば相続税はかかりません。

遺産の総額 - 非課税財産 - 債務および葬式費用
+ 相続開始前3年以内の贈与財産 = 相続税の課税価格(千円未満切捨)
★相続税の総額の計算及び各人ごとの相続税の計算
“遺産によって相続税の率が上がる”の詳細は »

負担付き相続という手段を知りました

贈与を受けた財産の価額から、負担すべき債務の金額を差引いた額の贈与があったものとして、その金額を基に贈与税額を算出します。

負担付贈与とは、文字通り、負担の付いた贈与のことです。具体的には、「残りの住宅ローンも支払ってくれ」といったものから、「財産を譲る代わりに、もし私が死んだらペットの面倒を見てほしい」・・・など。
“負担付き相続という手段を知りました”の詳細は »

使用している借地の相続の進め方

相続では貸主の死亡により使用貸借は終了することとなっていますよ

民法599条
使用貸借は、借主の死亡によって、
その効力を失う。
“使用している借地の相続の進め方”の詳細は »

遺産分割の相続人はどこの誰になるのか

後日相続人であることが判明したり、行方不明だった人が戻ってきたリする場合相続人の人数に変化が生じまよ

もし遺産分割をする際にある人数の中で一人もれていたの
だが、後日相続人であることが判明したり、
行方不明だった人が戻ってきたリする場合
相続人の人数に変化が生じます。

その場合は相続人の一人を除外していたとして
その除外されていた遺産分割は無効となります。
“遺産分割の相続人はどこの誰になるのか”の詳細は »

非嫡子の相続はこうだったんだ

相続で非嫡出子も、準正があれば、嫡出子になることがあります。

非嫡出子とは、婚姻関係にない男女間に生まれた子供のことを言います。

非嫡出子は、嫡出子の相続分の半分ということになります。
“非嫡子の相続はこうだったんだ”の詳細は »

娘婿の相続は法律によればこうなる

親と正式に養子縁組をしたのであれば養子は実子と同じ相続権を持ちます。

一人娘に婿を迎えてその家を継がせることは世間的にはよく行われていることですが、
法律的に婿養子が相続人になれるかどうかは、
はっきり言って単なる婿であれ相続権はありません。
“娘婿の相続は法律によればこうなる”の詳細は »