非嫡子の相続はこうだったんだ

非嫡出子とは、婚姻関係にない男女間に生まれた子供のことを言います。

非嫡出子は、嫡出子の相続分の半分ということになります。

非嫡出子が、親の相続で、子供として相続する場合。
非嫡出子が、兄弟の相続で、兄弟として相続する場合があります。

ただ、非嫡出子も、準正があれば、嫡出子になります。

準正とは、父親、母親に婚姻(結婚)
によって、非嫡出子を、嫡出子にするというものです。
内縁の妻は、法律上の配偶者ではないので、相続権はありません。
婚姻届を提出していない(法律上の妻でないと)と、
相続権はありません。ただし、家を借りている権利
(賃借権)は、相続できます。

ただし、遺言に書いてあれば相続できます。
その場合のパターンとして、

遺言をしてもらう。
相手に、推定相続人がいる場合は、
遺留分に反しないように気をつけること。
遺言は、昨日かいた遺言でも、今日、
新たに書けば今日の遺言が優先されるので
注意が必要です。

それから遺留分に反しないように贈与
(死因贈与)契約をしてもらうのも手です。

«
»
 

トラックバックURL