負担付き相続という手段を知りました

負担付贈与とは、文字通り、負担の付いた贈与のことです。具体的には、「残りの住宅ローンも支払ってくれ」といったものから、「財産を譲る代わりに、もし私が死んだらペットの面倒を見てほしい」・・・など。カンタンにいうと贈与する代わりの代償として、受贈者に何かしらの義務を負担してもらおうという契約です。負担付贈与を行う上で、まず押さえておきたいことは、贈与を受けた受贈者における贈与税の問題です。負担付贈与を受けた者は、贈与を受けた財産の価額から、負担すべき債務の金額を差引いた額の贈与があったものとして、その金額を基に贈与税額を算出します。

{(贈与を受けた財産 - 負担すべき債務額)- 110万円(基礎控除)}× 贈与税率 = 贈与税ちなみに〝贈与を受けた財産〟の価額については、財産の種類によって評価の仕方が異なってきます。(土地や建物等の不動産であれば時価か基準となる)現行法においては、マイホーム等を借金付きで財産を譲ったとしても、節税対策としてはあまり期待できません。これは、負担付贈与があった場合、贈与された財産の価額から負担額を差し引いた価額に相当する財産の贈与があったものとして取り扱われるいわゆる、みなし財産と見られてしまうためです。次に、負担付死因贈与についても、みていきましょう。

この負担付死因贈与とは、被相続人が死んでしまうことで、他に身寄りのない幼い子供やペットが路頭に迷ってしまうような場合に有効な策のひとつして活用することができます。被相続人の死後、自分の財産を贈与者に譲る代わりに、子供やペットの面倒を見てくれとお願いする贈与契約をさします。負担付死因贈与を行う際のポイントとしては、必ず契約書を作成し、被相続人の死後、その契約書に書かれた約束を遂行してくれているかどうかを監督してくれる死因贈与執行者を指名しておくことです。

«
»
 

トラックバックURL

コメントを書き込む