遺産によって相続税の率が上がる

遺産の総額 - 非課税財産 - 債務および葬式費用
+ 相続開始前3年以内の贈与財産 = 相続税の課税価格(千円未満切捨)
★相続税の総額の計算及び各人ごとの相続税の計算
相続税の課税価格の合計 - 相続税の基礎控除
(5,000万円 + 1,000万円 × 法定相続人の数)= 相続税の課税遺産総額
相続税の税率
課税標準     税率 控除額
1,000万円以下部分 10% –
3,000万円以下   15% 50万円
5,000万円以下   20% 200万円
1億円以下     30% 700万円
3億円以下     40% 1,700万円
3億円超      50% 4,700万円
非課税となるもの
① 墓地や仏壇
② 寄付をした財産
相続した財産そのものを国や市町村、公益法人などに寄付するとその財産については、非課税です。
③ 生命保険金のうちの一部
非課税となるのは 500万円×法定相続人の数
となります。(ただし、この規定は相続人以外の人が受け取った死亡保険金には適用がありません。)
④ 死亡退職金のうちの一部
非課税となるのは 500万円×法定相続人の数
となります。
配偶者が相続した遺産額が1億6000万円までか、
1億6000万円を超えていても配偶者の法定相続分までならば相続税はかかりません。
これを配偶者控除といいます。ただし自動的にされるわけではなく、適用を受けるには、相続税の申告が必要です。

«
»
 

トラックバックURL

コメントを書き込む