カテゴリー: 遺産をどうやって分割するかの協議

配偶者はなにかと優遇される機会が多い

現在の視点だけではなく、先のことを踏まえて協議ができると良いです。

相続できる人とその権利は法定されています。
その中で配偶者は常に相続人とされています。

“配偶者はなにかと優遇される機会が多い”の詳細は »

近親間の貸し借りと贈与をすると相続では不利だ

賃借の事実が証明されれば推定で、課税できませんが無利息である部分は貸主から利益を受け継いだとされて贈与税を課税されます。

夫婦や親子、祖父母と孫の間で金銭の貸し借りをしている
場合は、一応は贈与を賃借としたものとの疑いを
受けることになっています。

その賃借の事実が証明されれば推定で、課税できませんが
無利息である部分は貸主から利益を受け継いだ
とされて贈与税を課税されます。
“近親間の貸し借りと贈与をすると相続では不利だ”の詳細は »