遺産分割の相続人はどこの誰になるのか

後日相続人であることが判明したり、行方不明だった人が戻ってきたリする場合相続人の人数に変化が生じまよ

もし遺産分割をする際にある人数の中で一人もれていたの
だが、後日相続人であることが判明したり、
行方不明だった人が戻ってきたリする場合
相続人の人数に変化が生じます。

その場合は相続人の一人を除外していたとして
その除外されていた遺産分割は無効となります。
“遺産分割の相続人はどこの誰になるのか”の詳細は »

非嫡子の相続はこうだったんだ

相続で非嫡出子も、準正があれば、嫡出子になることがあります。

非嫡出子とは、婚姻関係にない男女間に生まれた子供のことを言います。

非嫡出子は、嫡出子の相続分の半分ということになります。
“非嫡子の相続はこうだったんだ”の詳細は »

娘婿の相続は法律によればこうなる

親と正式に養子縁組をしたのであれば養子は実子と同じ相続権を持ちます。

一人娘に婿を迎えてその家を継がせることは世間的にはよく行われていることですが、
法律的に婿養子が相続人になれるかどうかは、
はっきり言って単なる婿であれ相続権はありません。
“娘婿の相続は法律によればこうなる”の詳細は »

近親間の貸し借りと贈与をすると相続では不利だ

賃借の事実が証明されれば推定で、課税できませんが無利息である部分は貸主から利益を受け継いだとされて贈与税を課税されます。

夫婦や親子、祖父母と孫の間で金銭の貸し借りをしている
場合は、一応は贈与を賃借としたものとの疑いを
受けることになっています。

その賃借の事実が証明されれば推定で、課税できませんが
無利息である部分は貸主から利益を受け継いだ
とされて贈与税を課税されます。
“近親間の貸し借りと贈与をすると相続では不利だ”の詳細は »

最新の記事 »