相続の対象となる財産とは?(不動産以外編)

相続財産には現金や不動産、動産などがあります。
その中の現金と不動産(土地・建物)については以前ふれました。
今回はそれら以外のうち、よくご質問いただくものにスポットを当てたいと思います。

 

よくあるご質問に、「生命保険金は、相続財産でしょうか」というものがあります。
生命保険金については、『契約者(保険料を負担していた人)も、被保険者(保険の対象となる人)も被相続人だけれども、
受取人は被相続人ではない(相続人も含めた)誰かであった場合』には、相続財産に含まれません。
このケースの生命保険金は保険契約から生じる、受取人固有の権利とみなされるためです。
しかし仮に、受取人が被相続人自身とする契約であるならば、それは相続財産に含まれます。
被相続人の財産とみなされるからです。
一概に生命保険金と言っても、契約内容によって180度かわりますので注意が必要です。

ちなみに、借金などの債務も原則として相続され、返済義務が生じます。
ただし、身元保証債務(雇用の際の保証)や信用保証債務は、人的信頼関係に基づいているため、原則として相続されることはありません。
この部分は、取り交わした契約書によって差異がありますので、ご自身でご確認ください。
契約内容によってかわるという点では、似ていますね。

相続の手続きをサポートする横浜人だ
相続財産の内容で心配なことや不安なことがあれば、横浜の相続手続専門家へご相談ください。
www.souzoku-shien.net/

«
 

トラックバックURL

コメントを書き込む